« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

今年もありがとうございました。

2013年、あっという間に過ぎた1年でした。

今日は画像は一枚もありませんが、感謝の気持ちを込めて、ご挨拶させてください。

今年も、こちらのブログにご訪問くださり、本当にありがとうございました。

来年も、私らしく、小さな楽しみ見つけていきながら、それが積もり積もって、大きな喜びへとつながっていくように、少しずつでも前に進んで行ければと思っています。

好きな手作りは、この先もずっと変わらず好きなまま、引き続き、1コでも数多く、たくさんのモノを作っていきたいです。2014年も、これまでと同じように、制作過程やその様子について書いていけたらと思っておりますので、このブログへのまたのご訪問を、心よりお待ちしております。

みなさま、どうぞ、良いお年をお迎えください。

|

2013年12月28日 (土)

縫い物したくなったリメイクピンクッション、完成

先日、レースを縫いつけたところまで書いた未完成のリメイクピンクッション

どんな物にしても、完成まで待てず、制作途中で娘達に見せることがよくあります。ピンクッションの前に作ったカットソーのリメイクポーチの時もそうでした。途中の段階で長女に見せ、「シンプル イズ ザ ベスト!」と言われ、意気消沈したのは最近の出来事だったのに、今回も黙っていられず、またやってしまいました。

P1100394a300

↑この時点で「これ、ちょっと見て、見て♪」と長女に見せると

「刺すとこないじゃん」

と言われ、

「あるじゃん」

と、大人気なくも間髪おかずに即返し

それだけじゃ言い足らず、「ピンクッションなんてね、まち針2、3本と、縫い針1本刺せるスペースがあれば充分なんだから」と、ムキになって付け加えました。

そんなやり取りにもめげず、次に持ち出したのは、バイアステープの台紙におまけのように付いていたくるみボタン。これを、革でできたチョコプレートに添えます。

P1100395300

更に、

P1100396360

ブルーグレーの丸小ビーズをケースから取り出し。

P1100397300

レース上側の突き出した模様上に、レース付け時の糸を使い、返し縫いして1コ1コとめていきます。

P1100398300

私が持っているビーズの一部です。元、ミシンのボビンケースだったものを、不揃いでバラバラになったビーズ入れにしました。ビーズをすくうために、中に横たわっているスプーンは、見たまんまの、アイスを買うともらえるプラスティックのデザートスプーンです。

P1100400360

こちら手持ちのまち針の一部。中でも、左端に写る赤と白のまち針をたくさん持っています。

P1100402200

何かの手芸本でいつか見た、パステルカラーの透き通ったガラスのまち針が忘れられず、ネットで探してみました。もし、ネット通販で見つかり、手頃な値段なら欲しいな、とも思いましたが、私の記憶に残っているのとは色味がちょと違かったので、まち針探しはいったんやめることにしました。

そのうち、手芸店に足を運んだときにでも、たまたま目にすることがあるかもしれないし。

でも、このまち針を見ているうちに、ビーズで作れそう…と思い、こんなものを用意してみました。洋服の仮縫い時などに使用される、シルクピン、まち針っぽい感じに近づきそうな、きれいな色をしたビーズ、アクセサリー作りに用いられるかしめ玉、それから、かしめ玉をつぶすための道具、やっとこ。

P1100401300

これで、まち針、作れる…

P1100404300

ビーズをシルクピンの先まで通し、次に通したかしめ玉を、やっとこでギュウッとつぶします。

P1100406200a

いかにも、まち針っぽいのができた。

P1100409300

そんな、一人孤独に大絶賛したまち針でしたが、小さな問題発生。

ビーズの中を通る空洞が広いので、ビーズの落下を阻止するため思いっきりつぶしたかしめ玉だったのに、極細のシルクピンとの間にわずかな隙間(すきま)ができてしまい、指でビーズを動かす気になれば、簡単に動いてしまいます。

これでは、実用性に欠けるので、今度はビーズにも使える手芸用のボンドで固めてしまうことに。

P1100408200a

どうかビーズが落ちてきませんように

P1100412360

P1100413360

こんな感じのケーキ、ありそうです。革のタグは、チョコのプレート、くるみボタンは、こんなのあったらいいな、ストライプのマーブルチョコ…

P1100416360

存在感たっぷりな持ち手。

P1100420360

最初に写真を撮った時点では、立派にかしめ玉がビーズを支えていますが、数日経った今ではボンドの効果も薄れ、白いビーズが悲しく落下しています。

P1100431300

ビーズが動かないようにかしめ玉を利用するって、なかなかいいアイデアだと思ったのに、そうすんなりうまくはいかないものです。

↑落下後と落下前↓

P1100415360

かしめ玉も、ボンドも駄目なら、また違ったいい考えが浮かぶまで保留にしておき、実用性に欠ける見せかけのまち針も含めた全部をもって、リメイクピンクッション完成品とします。

P1100413360_2

こんな機会でもない限り、一緒に並ぶことはないであろう、同じ生地使用の模様替えした手帳とピンクッション。

P1100423360

左隣に写るのは次女とコラボの即席ピンクッション

P1100426360

何か無性に縫い物をしたくなった下の娘が、私の端ギレコレクションの中からこのボーダーの生地を選び出し、中に綿を入れて「これ作ったんだけど、あげる。何にでもいいから使って」と、私にプレゼントしてくれました。

現在5年生の娘が3、4年生くらいのことでしたか。使ってと言われても、使い道がひらめかず、せっかく作ってくれたものだからと、テーブルの上に無造作にしばらく置いておきました。

それから数ヵ月後のこと、白い陶製の容器の縁が2箇所欠け、処分しようとした直前にひらめきました。

これに、あれを入れたらピンクッション。

P1100430200

ケーキ屋さんで買った、パンプキンプリンの入っていたものを、食後に洗い、デザートカップとして我が家でも再利用していたものの縁が欠けてしまいました。次女からもらった綿入りギフトと大きさもちょうどいいのではないかと、この容器に、ただ、ポンと入れてみました。フカフカしているので、どうせならもっと綿をぎっちり詰め直しして、硬めにした方が針を刺しやすいかなと、ずっと思っていましたが、今回初めてまち針を刺してみた感想は、『サクッという感触が気持ちいい』。わざわざ詰め直しする必要もなさそうだったので、このままでいきます。

器に入れっ放しだった、娘からの綿入りギフトを、久しぶりに取り出してみると、裏側は、別布でふたがしてありました。その布に、付け足すように、少量の綿がボンドで貼り付いています。私が、あの贈り物はピンクッションにしたということを本人に報告でもして、聞いた娘は、それならば綿が足りないと、後からくっつけたのか…。

P1100428175a

いつも、着なくなった衣類にしても、使わない雑貨にしても、愛着のあるなしに関わらず、モノを処分するときには、捨てる前に何か他に使い道はないだろうか、と考えます。今回のまち針みたいに、いい案が浮かぶまで、とりあえずは保留にしておこうと、ひとまずしまい込んでおくこともあります。そんな感じなので、スパッと捨てられないモノも多く、それが私のいいところでもあり、良くないところでもあり、なのですが。

でも、後々、捨てなくて本当に良かったー、って思えることもけっこうあります。たとえどんなに愛着のあったものでも、いずれ時が経てば、古びれ、壊れたり、好みが変わってしまったりして、全く使わなくなってしまう日もきます。そんなとき、捨てる前に何か他に使い道はないだろうかと、いろいろと思いめぐらし、例えばリメイクによって、処分しなくても済む方法が一つでも浮かぶと、ちょっと得した気分になれます。

形から入ってやる気を起こす、使いたくなるようなモノであり道具を手作りして、自分をその気にさせる、何か始めるのに何となく気が乗らないときは、私にはそんな手も大いに効き目があります。テーブル(コタツ)の上にこのケーキみたいなピンクッションを置いておけば、無性に縫い物したくなって、制作意欲もアップするといいなという気持ちを込めて作り上げたリメイク品です。

|

2013年12月16日 (月)

さび付いて使わなくなったピンクッションを、縫い物したい気持ちにさせるピンクッションにリメイク

ここ数年、全く出番のなかったクロバーのピンクッション。元は水色地に白い小花柄なのに、針を刺していた跡が、茶色くさびついた感じになってしまいました。下に木製の台が付いているし、中には綿か何かが詰まっているので、ジャブジャブ水洗いはできそうにありません。汚れを拭き取れば、まあまあきれいになるかな、とか、きれいにする方法をちょっと考えてみましたが、これといった案も思い浮かばなくて、いっそのこと処分してしまおうかという気持ちにまでなりました。

でも、捨てずに済む方法が一つありました。雑貨類のリメイクで私がよくやる、布の張り替え。張り替えといっても、元の布を外し、新しい布に取り替えるのではなく、元の布は残したまま、上に重ねて縫い付けてしまうというやり方になります。丸々張り替えるよりも、面倒ではなく、手間は省けます。

手持ちのお気に入りの生地を使い、より、自分好みの雑貨に変身させます。

まずはピンクッションの寸法を測ります。このピンクッションの形は、ほぼ円形なので、メジャーで、生地の直径を測ります。

P1100351150a

木製台を省いた、向こう側からこちら側の針山の距離は、約11cm。

直径11cmということで、半径5.5cmに1cmの縫い代をつけて、コンパスで2重の円を布の裏側に書き、外周を裁断。

P1100350a150a

水玉模様になっていますが、こちらは裏で、表は花柄。表裏どちらも使えるリバーシブルタイプの生地です。

P1100353180

出来上がり線上を細かくぐし縫い。

トラックを一周完走したら、糸を引き絞ります。

P1100354300

このままドアノブカバーになれそう。

P1100355300

P1100356300

これを帽子みたいにかぶせて

P1100357150

糸を絞りながらギャザーを均等に寄せていき、縫い目より下にきている縫い代を、中に折り込みます。

まち針で木製台の際に留めていき

P1100360300

引き絞った糸をそのまま利用してまつり縫いします。

場所が場所なだけに縫いづらいのですが、ここが頑張りどころとなるトラック2周目。

P1100361300

2周目も縫い終えたゴール地点で、玉止めして糸始末をすれば、それだけでも充分リメイク終了になりますが、ここからは遊び心を発揮して、いろいろ飾ってオリジナルな感じにしていきます。

装飾一番目に登場したのは、ピンク色をした別珍のリボン。

この花柄の生地のイメージに合わせて買ってきました。

リボンの大きさはどのくらいにしようかとか、針山のどの辺にそれを縫いつけようかとか、あちらこちら試しに置いてみます。

P1100362300

リボンの大きさと場所がだいたい決まったら、次に革製の持ち手を付けます。

持ち手は長めにして、高さを出し、インパクトを付けます。

P1100364300

針山に持ち手。いらないようで、やっぱり全然必要ないけれど、ただ付けたいから付ける、それが装飾というものなのだ。…と自分に言い聞かせて。

P1100365175

こんなふうに、丈夫なボタン付け用の糸で縫いとめ。

P1100366300

リボンはちょうちょ結びにして結び目を作るのではなく、下のようにリボンの形に折り、中心を縫いとめ固定。

P1100370200a

リボンの形になったら、その縫い糸で針山に留めつけます。

P1100371200

リボンの結び目となるはずの場所には、ネックレスに使用されていたビーズを。

このネックレス、値札に1995円とありますが、これは元値です。アクセサリーショップのワゴンセールの中から、315円でGETした見切り品です。初めから、身に着けるためのアクセサリーとしてではなく、手芸や何かの材料としての淡いピンク色のビーズを目的にして買いました。

なので、何のためらいもなく、ビーズの通ったテグスを途中からカットして、バラバラにすことができました。

P1100417300

バラしたうちの、小さいビーズを一つ、リボンの中心に飾り、

P1100374200_2

もう一方の持ち手の片端を縫い付けると…

持ち手が「これからは私を持ちなさい」と言っています。

まだまだ飾り付けは続きます。

チャコールグレーのリネンテープを、台の上側に帯状に縫い付け、ついでに持ち手の付け根もそれで覆い隠します。

P1100378360

P1100379300

P1100381300

リネンテープの上下をミシン糸1本どりで縫い付け。

P1100382300

リネンテープの幅が広い分、そこが間延びしているように感じたので、何とかしたいと持ち出したのは…

P1100385300

P1100386200

薄いモスグリーンの綿テープ。以前、折りたたまれた生地を購入した際、十文字に縛ってあったひもです。捨ててしまうのにはもったえないと、しまっておきました。

これを、リネンテープの上から重ね、ストライプのように見せたいと思い、実際、まち針でとめてみたのですが、なんかパッとしないので、他にもっといいものはないかと探して

P1100388300

このレースを見つけました。画像では色がはっきりわかりにくいのですが、薄いブラウン系の綿レースです。綿テープより綿レースの方が私好みなので、こちらに決定。

P1100389300

再び、レースの上下を縫い付けていきます。

P1100390300

前に、消しゴムはんこで作ったショップ名をスタンプした革のタグを上にのせます。適当な大きさに切ったら、いきなり革に縫い針は刺しにくいので、あらかじめ目打ちで4つ角に穴を開けておきます。

P1100392a2001

リボンの下側にタグを置き

P1100393300

P1100394b

4箇所の穴を利用して針山に縫いとめます。

ここまででも相当飾っていますが、凝りもせず、まだもうちょっと装飾は続きます。

近々、完成したものを載せたいと思いますので、結局このピンクッションはどうなったのかという結末を、よろしかったらぜひまた見にきてください。

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »