« シャツボタンを総取り替えして涼し気イメチェン | トップページ | 季節の変わり目には、やっぱり寄せ植え »

2015年9月10日 (木)

雑貨使いで楽しむ室内の観葉植物

つい最近までの猛暑続きがうそのように、近頃、長袖がちょうど良く感じる日も多くなり、少しずつ秋めいてきました。昨日から今日にかけては、台風のせいもあって外は雨。小雨になったり、激しく降り出したりを繰り返していましたが、今のところ、降り方に関しては落ち着いているようです。

さて、子供たちの長い夏休みも、あっという間に終わったかと思えばもう9月。そろそろ衣替えの季節でもあります。それと同時に、ベランダに咲いていた夏の花や、枯らしてしまった室内の観葉植物も、植え替えなどして一新させたい気分になってきました。

↓こちらは今年の一月下旬に撮った多肉植物の寄せ植え。ヤギとロバがくつろいでいる、「多肉の森」みたいな風景をイメージしながら寄せ植えしました。ところが、土が合わなかったのか、水やりがまめ過ぎたのか、日に日に枯れてきて…。なぜに枯れゆくのか、はっきりとした原因もわからないまま、何とか復活してくれることを願い世話をしていました。それなのに、願いとは裏腹に、一つ枯れ、二つ枯れ、しまいには全部枯れてしまいました。

そんなわけで、緑が一つもなくなり森でも林でもなくなってしまった砂場に、しばらくの間、親子のヤギとロバがたたずんでいる状態になっていましたが、この植え替えのタイミングで、三匹には引っ越しをしてもらいます。

多肉植物

三匹が去った後、この砂場に多肉を植えるのはやめて、それ以外の観葉植物をここに寄せ植えします。多肉が枯れてしまったのは、もしかしたら土にも原因があったのかもしれないと思い、土を全部まるごと取り替えることに。

右後ろ側に植えたライトグリーンの大きい葉をしたポトスは、浄化作用があるそうです。明るくきれいな色をしたさわやかな見た目もさることながら、空気をもきれいにしてくれるというありがたさ。

Dscn0249jpg300

以前、友人からもらったおしゃれなストローの一本一本に、きれいな羽の模様をした蝶が付いていたので、何かに使いたいなと、ストロー使用後、蝶だけ捨てずにとっておきました。ガーデンピックの後ろ側には、たまたまメモなど挟めるピンチが付いていたので、ここにいるのがふさわしいとばかり、後ろに蝶をとめています。

Dscn0250jpg250

動物達の新しい引っ越し先が決まりました。この細長くて四角いコンテナにも、前までは鉢いっぱいに多肉植物を寄せ植えしていました。ぎっしりと詰めて寄せ植えされた多肉植物も、見ごたえがあって素敵です。でも、ぎゅうぎゅうに詰め込まなくても、小物の雑貨などを利用して、空きスペースをわざとつくり、ゆったりと植えるのも、遊び心があっておもしろいことに今回気付きました。

Dscn0253jpg300

心なしか、新居は居心地良さそう。

よく行く園芸ショップでミニチュアの雑貨を買い足しました。地面には、白っぽい小石を敷き、水道の蛇口の下にはバケツを置いて、水飲み場を作りました。のどが渇いた時には、いつでもどうぞ♪

Dscn0254jpg300

セダムの草むら上空写真。どうか、今度は枯れずに、すくすく育ってくれますように。枯れるかどうかは私にかかっています。

Dscn0256jpg300_2

殺風景だったコンテナの前にはこんなものを飾ってみました。アジアン雑貨店で誕生日のプチプレゼントとしてもらった、座るきりんの置き物と、英文字が気に入っている、閉店したネットショップの名詞。それと、おしゃれストローの黄緑色の蝶。先に登場した水色ちょうちょと色違いです。

Dscn0255jpg250

左後ろ側に植えた多肉は 、このプランターの中、かろうじて枯れずに残った一種類。何とか枯れずに残ったものの、やや弱りかけていました。土を取り替えたことにより、元気を取り戻してくれることを願うばかりです。

Dscn0257jpg250

手前がサボテン。このポットには、もう一つ背の高いサボテンが一緒に並んでいましたが、数週間ほど前、根元の方から上に向かってしだいに黒くなっていき、枯れてしまいました。根腐れしてしまったのか。さすがに、サボテンを枯らしたのには、ショックでした。奥のピンクのポットに植えているのは、日影でも育てやすいという、多肉の種類です。とはいえ、比較的育てやすいといわれるサボテンを枯らしてしまった前歴のある私です。「育てやすい」という言葉を、鵜呑み(うのみ)にはできません。ピンクのポットの少しだけできた空きスペースに、きれいな色の石を3つ並べて置いています。どこかの観光地のお土産屋さんで、下の娘が買ってきたものです。300円で袋詰め放題と書かれたBOXの中に、色とりどりの小石が敷き詰められていたのを見た娘が、「ただきれいだから」と、何する目的もなしに手に入れた石の内から3つだけ借りました。

Dscn0258jpg250

家の中にグリーンがあると、気持ちも安らぎます。その代わり、植物も生き物なので、日光不足にならないよう気を付けたり、土の表面が乾いたら水やりをする、などの注意が当然必要となってくるのですが、目の保養にもなる植物たちを、できるだけ長く大事に育てていきたいです。

|

« シャツボタンを総取り替えして涼し気イメチェン | トップページ | 季節の変わり目には、やっぱり寄せ植え »

ベランダガーデニングや寄せ植えのことを少し…」カテゴリの記事